辻川歴史研究会

有井堂の歴史

辻川界隈で最も古いと推測される有井堂は鳥羽院庁時代の田原荘実検注進状正応4年(1291)に登場する。
棟木の内容から推測すると神積寺開基(991)以前まで歴史をさかのぼれる可能性があるようだ。

[保存されている有井堂先代の棟木]

有井堂072 (3)

先代有井堂棟木三面の記録部分

hp有井堂

概釈:神崎郡有井村は昔妙徳山を開基された慶芳上人が宿泊されたとき文殊菩薩が夢立された所である。これにちなみ草堂を建立しました。本尊は行基菩薩お作りの薬師如来です。これが有井堂の由来で今は既に七百余年経った古い所です。なので雨洗い日晒で堂舎は荒廃していました。村中の男女これを嘆き志を同じにする人たちが造立を決意しまた。二世のほとんどは地元の人でした。
宝暦十一(1751)三月 願主 念仏講中 村中

 


ぶらり辻川界隈 辻川お宝再発見めぐり
開催 平成28年11月6日(日) 
主催 辻川区    協力 辻川商工部会

 

%e3%81%b6%e3%82%89%e3%82%8a%e8%be%bb%e5%b7%9d%e7%95%8c%e9%9a%881%e3%81%b6%e3%82%89%e3%82%8a%e8%be%bb%e5%b7%9d%e7%95%8c%e9%9a%882

平成20年に活動を開始した「辻川歴史探検隊」を引き継ぎ「辻川歴史研究会」として辻川の歴史を再評価する事業を実施しています。
この事業は「民俗学の夕べ民俗学のふるさとづくり」の一環事業として活動してきました。応援いただいた各位に感謝申しあげます。
今回は一回目の区切りとして住民参画のもと「ぶらり辻川界隈」の開催となりました。当日は曇りがちで風もやや強く恵まれたコンディションではなかったのですが130余名の参加がありました。初めての発見があって参加して良かったと嬉しい声もたくさんありました。なかでも古宮の大きな岩の上で火打石による火おこしは子供たちに特に人気がありました。二回目に向けて活動する励みになった一日でした。


 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スタート前に全員で準備体操。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
駒ヶ岩でおじさんガイドから説明を受ける皆さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAo

鈴の森神社の御旅所と思われる古宮に到着しました。古宮の岩のかけらを火打石にして火おこし体験する子供たち。

dsc01765
山口堂(旧薬師堂)の前で如来さまたちと神様が合祀されている経緯の説明を受ける


駒ヶ岩

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

■大庄屋三木家の年貢米を高瀬舟で姫路藩飾磨津へ運ぶための船着き場として利用された。構築年代は不明ですが市川の増水に耐えられるようにかまぼこ型の形状をしています。また川の水量の変化に対しても高瀬舟の着岸が出来るように対応していると考えられる。

■駒ヶ岩は辻川山公園にいる怖い河童のふるさとと伝えています。また鈴の森神社の御旅所と考えられている古宮へ神馬が飛んだ時に蹄の跡が残されているとも伝えられています。一度探してみてください。


 

hp三木家~駒ヶ岩

■明治24年の絵図から駒ヶ岩の船着き場の様子がわかる。船着き場の岸側には川岸蔵(浜蔵)の存在や水際が川岸まである。
高瀬舟は春から夏にかけて米作のため
灌漑用水を農業用水路へ誘導する堰がつくられるので通行が出来なくなる。秋以降に堰を取り払い航路を整備し、米などを積載して姫路飾磨津まで市川を下った。さらに瀬戸内海を千石船で大阪に運ばれ蔵屋敷に送られ船場の米商人に売って換金された。帰りの高瀬舟は牛と人力で引いて市川を遡ったと伝えられている。