大庄屋三木家

img_8

三木家-1

■徳川四代将軍綱吉の時代、姫路城主榊原忠次による新田開発の勧奨に沿い飾磨津屋(酒屋)を営んでいた三木利通が辻川に移り開墾にあたった。井ノ口の大鼻岩の掘削をして渠を作り市川の水を引き井ノ口、西光寺野等に至る農業用水路の改良整備事業を行った。またため池も構築して新田の開墾に尽力して米の増産に成果上げた。後には石高は小大名に匹敵する一万石に達したと言われている。
その功績が認めら三代目三木甚右衛門善政が大保長(大庄屋)に任ぜられる。その後も歴代当主によって私財を投じ、地域整備を進めて姫路藩を支え多くのまちづくり事業を実施した。

■米の収穫期になると年貢米が運び込まれる。筋向いにあった「向かい角」で俵に詰め替えられて次々役所の間へ運ばれて品質検査と計量を済ませると裏手の米蔵に次々運ばれ天井付近まで積上げられたそうだ。
年貢米の出荷は高瀬舟で運ぶため、大勢の人手を使って裏庭の米蔵から駒ヶ岩の船着き場まで米俵を担いで運んだと伝えている。
当時は米などの重量物の河川運輸は小型の高瀬舟が主流であった。 さらに姫路の飾磨津まで市川を下り、瀬戸内海航路の大型船に積み替えられて大阪船場の米商人に売り渡し換金された。
 


 

 

%e6%a1%83%e5%b1%b1%e3%81%8b%e3%82%89%e4%b8%89%e6%9c%a8%e5%ae%b65

大庄屋三木家全景

■初代三木甚左衛門利通が辻川に土着したのは明暦元年(1655)である。江戸末期の屋敷図によると主屋の東側に代官宿泊施設のあった「ひがしら」(三木家-1の写真から表門の右(東側)の厩の屋根超しに屋根が見える)があり屋敷全体は練壁をめぐらして約1,250坪位の規模に及んだ。また、前の道路を挟んで200坪位の「向かい角」と呼ばれた男衆の作業場や厩、厠手前側に門と作業場の屋根が見えるがあった。建築年代は主屋北に接する内倉は元禄10年(1697)で現在の主屋は寶永2年(1705)に建築されているがもっと古い主屋があった可能性がある。
建物は昭和47年3月に兵庫県指定重要文化財に指定されて平成16年に福崎町の所有になっています。

■桃山(辻川山)から南方の三木家を望む、明治後期の様子と思われる。裏手の米蔵(一揆で焼失する前の大きな米蔵)から年貢米を駒ヶ岩迄運び出した裏門も確認できる。また辻川山のふもとに藤本焔津の篆刻による「逵川古樅」の歌碑がある。当時神崎郡長だった倉本櫟山作の漢詩に登場する古樅を指すと思われる樅の大木が屋敷群の東側にそびえているのが見える。