鈴の森神社

DSC01615

■鈴の森神社の神様は矢代神に守られ天津彦彦火瓊瓊杵命(アマツヒコヒコホニニギノミコト)を主祭神として、天津兒屋根命(アマツコヤネノミコト)、天太玉命(アメノフトタマノミコト)が祭祀されています。
古くから「安産の神様」「学問の神様」「声楽の神様」として信仰されきました。絵馬を奉納すると願いが叶うと云われています。
「学問成就の道」をたどればなお良い知らせが届くかもしれません。その道の傍らには柳田國男らの松岡家五兄弟がお迎えしています。

■峰相記(貞和4年/1384年成立)には「毎年4月初丑日餝万津ニ御祓トテ御出後ニハ田原川(雲津川)ヘ御出、鈴森是也」と記述がある。
加西の酒見大明神の酒人
が毎年4月の初丑の日に餝万津に御祓いの神事にお出かけになっていましたが、後には御祓いは田原川へお出かけになるようになりました。鈴森がその場所ですと伝えています。
南北朝時代より以前から既に神聖な場所で信仰の対象が存在したと考えられます。
民俗学の父柳田國男や松岡兄弟たちを育んだ神社へのお詣りをお待ちしています。

■播磨鑑には「男己貴尊峰相山ヨリ宍粟郡ヘ遷座ノ時播磨之神々集会之所也」とあります。播磨中の神様が集まってどんな相談をされたのだろうか。心を静め耳を澄ませば神々の声が聞こえるかもしれない。


鈴の森神社の東に山口堂(旧薬師堂)があります。

DSC00524 DSC00500

古くから大切にされてきた山口堂(旧薬師堂)には薬師如来、大日如来と大山積命が祀られています。
大山積命が祭祀されていた山口神社は、当初生野街道沿いにありましたが、明治7年に鈴の森神社の境内に移されて、明治45年ごろに現山口堂に合祀されました。神仏習合が残るお堂です。
更に左側の小堂には阿弥陀如来の石仏が祀られています。この世で四尊しかおられない如来様の内、三尊の如来が揃われており、密かなパワースポットとしてお詣りされています。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋になると鈴の森神社のもみじも見ごろになります。柳田國男ゆかりの山桃の大樹の深緑とのコントラストが美しい。