柳田國男のふるさと

 hp_16

柳田國男生家

■柳田國男の生誕地、福崎町辻川は江戸時代には姫路藩「辻川組大庄屋三木家」、明治時代になって神崎郡郡役所(現・神崎郡歴史民俗資料館)が設置されて地方政治、経済、文化の拠点として重要な役割を果たしました。明治9年に日本初の高速産業道路「銀の馬車道」が開通して、経済、文化的交流が一層盛んになり昭和初期まで商業集積地としても発展を遂げました。

■ 銀の馬車道沿いにあった、柳田國男の小さな生家が日本民俗学の原点になったと回想しています。


hp_17

辻川山山頂から生家があった「銀の馬車道」付近を望む

■柳田國男の少年時代にもっとも影響を受けたのは三木家と鈴の森神社だったようです。帰省の折には鈴の森神社にお参りをして、辻川山の頂から生家のあったあたりの変わりゆく辻川界隈を眺めながら、複雑な思いだったと回想しています。兄弟でよく遊んだ駒ヶ岩にも訪れています。
 
■明治20年8月次男の通泰に伴われ神戸から山城丸で長兄の鼎のもとへ発つにあたり、父から子へ「その玉もみがけやみがけ細戈(くわしぼこ)千足(ちたる)の国をかがやかすまで」この美しい我が国日本を輝かすような人間になるまで努力を重ねなさいと贈られた言葉通りに勉学に励んだ。そして久しぶりに眺めるふるさとと父への思いが交錯していたのかもしれない。

辻川を抜けて飾磨津へ向かう「銀の馬車道」

dsc00856_2

銀の馬車道と共に歩んだ元鈴木酒造です。明治時代の建築が次々と消え行くなか唯一健在する貴重な建物となりました

dsc00858_2


新着情報 ◆

2017年5月 [辻川商工部会]  辻川山のやまももが実をつけました